Blue 2

@TOKUSHIMA PROJECT

ブルーブルー徳島プロジェクト

悠久の⽔都・徳島。そこには歴史と共に⽣活に溶け込み、美しい調和で⼈々を魅了し続ける「藍」⽂化が今も息づく。古より紡がれた⼀雫が、現代で世界に誇る「JAPAN BLUE」として⽇本を象徴する⾊味として注⽬を集める。「藍の源流」徳島から、魅⼒を世界へ届けるプロダクトをあなたに。

「Blue2@Tokushima プロジェクト」は、地域資源である「LED」、「⽊⼯」そして「⾦属」を活⽤し、海外デザイナーと共に世界の⽇常に溶け込むプロダクト製作を実現。
脈々と受け継がれてきた技術を⽇々研鑽し、ユニバーサルデザインと出逢い、新たな形で⼈々を魅了する。
そんな歴史と職⼈の想いが紡がれた⾰新の製品を世界に、家庭に、そしてあなたに。

ウォルフ ワーグナー

Wolf U.Wagner

Designer / GERMANY

ウォルフ ワーグナー

  • ウォルフ ワーグナー
  • Wolf Udo Wagner は、ダルムシュタットとマンチェスターでいくつかの学期の建築を学び、次にプロダクトデザインを学んだ後、デザイン&インテリアのスタジオを設⽴しました。建築の学期は、特に設計勉強の中で深められた技術的で建設的なアプローチを学んだ訓練にとっては貴重でした。ベルリンとパリでの留学もありました。以前の職⼈技の訓練は無視してはいけません。ここでも本研究の基礎が作られているからです。フランクフルト・アム・マインの現在のデザインスタジオは、Wolf U. Wagner とMichaelaEbbinghaus(MA)と彼の国際チームと共に運営されています。製品デザインとインテリアデザインの分野では、ブランド戦略の⼀環としてデザインを理解する国際的なブランドをデザインしています。Wold&Wagner ⾃⾝のデザインは機能的です。それを設計するとき、彼は最初に新しいアイデアを創造するために、あらゆるものに疑問を投げかけます。トレンドは彼を⼆次的に関⼼を持つ!むしろ、新しく機能的な製品を設計することの課題は、⼈や環境、⽂化の背景を関連付けることです。確かに、彼は物事を望ましいものにしようとします。この点で、それらは主に貴重で⻑く持続する製品です。彼の信条:⼈⽣はデザインです! 作品は市場で成功し、41 の賞にノミネート/ノミネートされています。これらには、シカゴのアテネウム美術館(Athenaeum Museum)からのいくつかのレッドドット、iF デザインプラス、グッドデザイン賞などがあります。いくつかのプロジェクトは美術館で永久に代表されています。Wolf U. Wagner は、クリエイティブディレクターとして、それぞれ2 つのブランド「miawolf」と「ponton」を担当しています。スタジオで働くだけでなく、建築(HF)、インテリアデザイン(HD)、プロダクトデザイン(HFG)分野の⼤学でデザインプロジェクトを監督しました。
  1. the_title
  2. the_title
  3. the_title
  4. the_title

Contact us

お問い合わせ

MORE INFORMATION